ハムスターが増え過ぎて困っています。

ペットでハムスターを飼っているのですが、繁殖し過ぎて困っています。
元々は主人が私の誕生日プレゼントに、とオスとメスのつがいを飼ってくれました。
二匹は大変仲が良く、いつもくっついていて微笑ましいなと思っていました。
飼い始めて一ヶ月でメスの様子がおかしいことに気が付きました。
異様に食欲魔神になっていて、でっぷりしているのです。
気が立っていて主人に噛み付いたことから、妊娠していると確信しました。
その時点でオスと離しましたが、オスが寂しそうにしていて申し訳なく思いました。
ある朝、メスがほっそりしていると思ったら赤ちゃんが生まれていました。
二匹です。
二匹位なら、まだ面倒見れるし良いかなと思いました。
一ヶ月程で子ハムが成長し、オスとメスだったので新しくケージを購入し分けました。
元のつがいを一緒にしてあげようと思ったのが間違いでした。
また二匹はずっとくっついて仲良しでした。
すぐにメスがまた妊娠していることに気付きました。
もうこれ以上は繁殖させられない、と思ってオスは永遠に単身赴任して貰うことに決めました。
次に生まれた赤ちゃんは五匹でした。
これは多いな、と流石に里親募集をしましたが、見付かりません。
メス二匹、オス三匹でした。
メス二匹は仲が良いので一緒のケージに入れましたが、オス同士は縄張り争いをしてケンカをするので、結局ケージを三つ増やしました。
これで合計九匹、八つのケージがあります。
まるでハムスターのマンション状態です。
餌代もバカになりませんし、餌をあげるだけで一時間もかかってしまい、困っています。
欲しい、と言ってくれた人もいましたが結局は待ちきれず自分で購入してしまったと言われ、ショックを受けました。
主人が全員に名前を付けてしまったので、愛着が湧いてしまい手放すのも惜しくなってしまいました。
餌やトイレ砂がすぐに無くなるので、買いに走るのも大変です。
全員可愛いのですが、世話が大変で困っています。
しかし、全員大切な家族なので頑張りたいと思っています。

あとは、生活費が毎月カツカツなことですね。私もアルバイトには行っているのですが、それは貯金に回しているのでないものとして考えています。

どうしても困った時はお金を借りることもあります。。

こちら

近頃利用者急増中のキャッシングの利用をお申込みいただく際の方法は、これまでにもあった店舗の窓口だけでなくファクシミリとか郵送、ウェブサイトからなどいろんな種類があって、同じキャッシング会社であっても一種類でなく、いろいろな申込み方法から、自分の希望の方法を選べるところもあるのです。
大概のキャッシングのカードローン会社では、いろいろ質問したい利用者対象のいつでも対応できるフリーダイヤルをちゃんと準備しています。カードローンに関する説明を受けるときには、過去と現在のご利用予定者の勤め先や借り入れの状況を自分で判断せずに全て伝えていただくことが重要なのです。
数年くらい前からごちゃ混ぜのキャッシングローンなんて、かなり紛らわしい単語も普通に利用されているので、すでにキャッシングとカードローンの二つには、細かく追及しない限りは使い分けが、大部分の場合消失しているのではないでしょうか。
無論普及しているカードローンですが、もし使用方法がまずければ、多重債務という大変なことにつながる原因の一つとなってしまってもおかしくないのです。多くの人が使っていてもローンは、ひとつの借金であるという認識をしっかりと胸に刻んでおいてください。
よく調べると少額の融資でなおかつ、申込からわずかの間で利用することができるものを指して、キャッシングとかカードローンといった表記を用いて紹介されている場合が、主流じゃないかと感じている人が大勢いらっしゃることと思います。

口コミや感想ではない正しい、気になるキャッシング、ローンに関しての知識及び最新情報をふんだんに入手することによって、無駄な悩みや、甘い判断が誘因となる面倒なトラブルに遭遇しないように気をつけたいものです。きちんとした知識を身に着けないと、きっと後悔することになるでしょう。
毎月の返済が遅れるなどを繰り返し発生させた場合は、その人のキャッシングの実態が悪くなってしまって、キャッシングの平均よりも低めの融資額で借りようと思っても、必要な審査の結果が悪いので借りることができないということが起きています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>