不用品を上手く使い分けてピンチを乗り切る

お金がなくてピンチ!我が家では毎月降りかかってくる恒例行事です。乳幼児2人のミルク代オムツ代、固定費やら雑費を引くともうお財布は空っぽ。働こうにも保育園は満員、奇跡的に入園出来たとしても高額な保育料に私のお給料なんて一瞬で吹っ飛びます。そもそも乳幼児抱えた母親を雇ってくれる所なんてありませんけどね。というわけで小さな子供を抱え思うように身動きがとれないのも乳幼児持ち家庭ならでは。容赦なく降りかかる支払いと睨めっこしながら部屋の隅々舐めまわし携帯片手にヤフオクへ出品。ネタがつきてくると今度は少し大きめの不用品を探します。なかなかネットでは売りにくいサイズや金額がつかないもの、もうお財布から小銭の音すら聞こえなくなった時は車に物を詰めるだけ詰めてリサイクルショップへ出発です。こんな時はたった数百円、千円でも本当に心から有難く感じるものです。とは言っても毎度毎度繰り返していたら売るものすらなくなってくるのは当然の事。そんな時は実家の不用品を頂戴します。親としては処分する手間が省け、私としては少しでも生活の足しになるので良いバランスになっています。私がヤフオクとリサイクルショップを使い分けるには理由があります。ヤフオクの場合落札されるまでの期間や発送する手間などかかってしまいますがリサイクルショップで売ってしまうより断然高く売れます。あとは小さなものや雑貨などはリサイクルショップではまとめて金額がつけられてり、あまり価値といった部分に着目してくれません。その点ヤフオクであれば需要は少なくても欲しいと思う人がいれば提示した金額で落札してくれますし、思わぬところで高く落札される場合があります。実際、リサイクルショップで100円と言われた雑貨がヤフオクで7万で落札された事もありました。では、なぜリサイクルショップを利用するのかと聞かれれば単純にすぐに現金が欲しい、不用品を処分したいからです。ヤフオクは取引の期間で多くの時間を必要としますがリサイクルショップは持ち込んだその場で現金になります。他にもリサイクルショップでは大型商品の取り扱いもありますのでオークションでは発送方法が分からない、梱包にお金も時間もかかるようなものは全てリサイクルショップに持ち込んでいます。大体発送の目安として160サイズを超えるものは手間を考えるとリサイクルショップに持ち込んだほうが得な場合が多いです。そんなわけで我が家ではお金がなくてピンチ!になった時はこの方法を使い分けて乗り切っています。

独身の時に友人とハワイに行くことになり、そんなにお金を持っていなかった私たちは現金少しとカードを持って行きました。現金っていってもいくらくらい持っていると安心なのかもわからず・・・物価を調べたり、食べ物屋さんでいくらくらいかを調べたりしながらおおよそで持って行きました。⇒ハワイ旅行に現金・お金はいくら持っていく?

その時も少しでも現金を作るために要らないもを売ったりなんかしてましたね。結局は現金では足りなくなってカード切りながら旅行をしていましたよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>